バナー♪(お持ち帰りでも直リンクでもどうぞ〜)



無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
あ゛ーしまった・・・・ネタが無い!
Guten Abend!
と言うことで、みかんさんに対抗してドイツ語での挨拶な月曜担当の堯(たか)です。

ぶっちゃけ、中国よりもドイツの方が大好きです。

さてさて〜今回はネタが・・・・・・・何も考えてませんでした。
というか、この30分前まで今日俺の担当って事わすれてましたwwww

まぁ、何をするか決めてないんで・・・・シナリオの一部でも見て見ます?

4/9(月曜日)
僕はいつもより30分ほど早く起きた。
何故かと聞かれたら、今日が入学式だからと答えておこうと思う。
僕、合川 拓也(あいかわ たくや)は今日から高校1年生になる。
うーん、それでも早く起きすぎたかなぁ?                         
確かにまだ6時30分。
だけど僕はこれから新しく始まる高校生活に胸躍る気持ちでいたんだ。
一階に下りると両親が僕に挨拶をしてきた。
【父】おはよう拓也、今日からお前も高校生だな。
【拓也】そうだね、これから頑張るよ。
【母】ほら、ご飯たべちゃいなさい。
トーストを牛乳で流し込みながら僕は、これからの出会いに胸を躍らせていた・・・

今日から通う学校は、この桜並木を歩いた先にある「私立桜和学園(しりつおうわがくえん)」
他校よりも厳しいと言われる桜和学園の受験戦争を僕は勝ち抜いた。
咲き誇る桜を見上げながら歩いているとコケそうになったけど気分は上々。
周りには多くの新入生が父兄と桜並木を校門に向けて歩いている。
そんな中、僕は彼女を見つけた。
長く綺麗な黒い髪。彼女はそっと髪を掻き揚げた。
【拓也】きれいだ・・・・・
【父】ん?桜か?
【拓也】い、いやなんでもないよ?うん。なんでもないって。
【母】緊張してるのかしら?拓也、リラックスリラックス。
【拓也】き、緊張はしてないと思いますですよ?
【父】拓也ぁ〜肩の力抜けてるかぁ?
父さんが僕の方を力強くほぐしてくれる。
僕はその間も彼女の姿を目で追っていた。
髪を掻き揚げる彼女の姿はとても綺麗で、映画のワンシーンみたいだった。


と言う様な冒頭部分です。
んー紹介ページが出来てないのですが、主人公は「合川 拓也」と言う人物です。
どのような格好、どのような性格、どのような人間かは物語の中で是非お楽しみください。
Auf Wiedersehen!
            堯でした。
| 堯(たか) | シナリオ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sakura-koharu.jugem.jp/trackback/15